雑多ななにか
by marori_75
<   2006年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧
うちのねこくん
ネコってカテゴリーを作ったのに、一度もアップしてなかったですね。

トノくんです。

d0070205_15142355.jpg


見たとおり、雑種です。
ヒゲがあって偉そうなのでトノくんです。
4年前に、縁あって拾ったネコが産んだ子です。
一度は友人に貰われていきましたが、友人が大家に見つかり、出戻ってきました。
その時は、嬉しかったですね。
子ネコの時から一番活発で頭も良かったですから。

d0070205_15164151.jpg


うちには3匹のネコがいますが、一番愛想がよく、演技派です。
ぶさいくなので人気がないかと思いきや、
うちに遊びに来る人たちの中では人気No.1です。
小さい時から優しい子で、ネコはおろか人間のこともよく舐めてくれる、
犬みたいになつっこいネコです。

この前は、敵対心むき出しの近所のネコを、甘い鳴き声で黙らせました。
近所のネコが「シャーッ」ってめっちゃ怒ってるのに、
トノは「ハウハウハウ〜」ってめっちゃ甘え声。
近所のネコはびっくりして逃げちゃいました。
それに、鳥を見るとやっぱり
「ハウハウハウ〜」って甘えた声を出します。
取って食うくせに・・・。

ヒゲがおやじっぽいけど、
声はかわいい我が家の癒し系です。
[PR]
by marori_75 | 2006-06-30 15:14 | ネコ
リトルタイクス・たまごさん
わたしの大好きなおもちゃです。

d0070205_943857.jpg


丸いコロコロとした体に愛らしい表情。
とってもかわいいです。
日本では「たまごさん」「たまご人形」「タイクスくん」なんて呼ばれてますね。
わたしは「たまごさん」と呼んでいます。

***たまごさんとは?***
アメリカの玩具メーカーLittle Tikes社が、1980年代に発売したシリーズです。
「Toddle Tots(トィードル トッツ)」という名前で登場しました。
映画「トイストーリー」に出演したことでも有名になりましたね。
今は廃盤になっているので、古いものを扱っているおもちゃ屋や、
オークションなんかでないと手に入りません。
年代によって、少しづつ作りが違うみたいですね。
確かに目の大きさとか、微妙に違ったりします。
あと、帽子の大きさなんかも違うみたいですね。
あと、前髪があるのとないのと、とか・・・。
乗り物に乗っているバージョンも多数あって、乗り物もかなりかわいいです。
シーソーとか飛行機とか沢山ありますけど、乗せ変え可能なところがいいですね。
高いんですけどね・・・。

高いものはひとつ3000円くらいします。
安いものだと300円くらいからありますね。
前期か後期かによっても違うみたいだし、騎士とか原始人シリーズなんかは
人気もあるし高いですね。

たまごさんは、2002年頃、雑誌に載っていた写真がきっかけで存在を知りました。
欲しくて欲しくてたまらなくなって、すぐに買いに行っちゃいました。

わたしは原宿の「Play House」さんでいくつか入手しました。
あとは、地元の子供用古着屋さんで発見し、大量に入手。
リサイクルショップや古着屋は結構穴場ですよね。
マメに通うといいことあります。

一番気に入っているのは、宇宙飛行士です。

d0070205_8372527.jpg


かわいい・・・。
たまごさん本体としてはかなり高値だったと思います。
3000円くらい?もっとしたかもしれません。
一応レアらしいんですが、結構ネットでも頻繁に売りに出されていて、
値段もまちまちです。
持っている人も多いみたい。
でも、一目惚れだったんでとっても大事にしています。
引っ越しの時もこの子だけ別包装でした。

「宇宙もの」が大好きなので、これも出会った瞬間に恋に落ちてました。

今回は写真を撮るのもなんだか楽しかったです。
「みなさーん、こっち向いてくださーい。じゃあ、いきますよー。」
っていう感じで。

乗り物に乗っているたまごさんは、また後日紹介します。
[PR]
by marori_75 | 2006-06-30 08:51 | おもちゃ
トムとジェリー
小さいころから繰り返し再放送を見続けたので、
今でもとっても好きなキャラクターです。

d0070205_12254632.jpg


d0070205_122605.jpg


これは、それぞれが飛行機に乗ったおもちゃです。
本当は、下に台があって、その上に棒が横にのびていて、
それぞれがはじっこにつくようになっていて、
トムとジェリーがぐるぐると追いかけっこをしながら
らせん状になった棒を落ちて行くおもちゃです。

1998年のヨーロッパキンダーだそうです。
キンダーサプライズって、あれですね。
チョコの中のカプセルにおもちゃが入っているやつ。
日本で言えばチョコエッグですね。
ヨーロッパ限定なので、なかなか売ってないのかと思いきや、
結構持っている人多いみたいですね。
3900円くらいしたと思います。
でもこれって、チョコのタマゴに入ってるのかな〜?
すごい大きなタマゴなんじゃ・・・。
でも、この表情の崩れた感じ、好きですね〜。

d0070205_12153995.jpg


次は車に乗った仲良さそうなおもちゃです。
よく見ると車体にチーズがはさまっています。
後ろに引っ張ると走る、かわいいやつです。

どちらも、とってもディフォルメされた、かわいい表情ですね。
トムジェリ好きとしては、
本当は、ものすごい悪い顔をしたトムの方が好きです。
あと、足の指でこそ〜っと歩く姿とか、
フライパンに当たって平らになった姿とか、
そういう、間抜けな方が、トムらしいですね。
どうしても、おもちゃになるとかわいくなってしまうのは、しょーがないんですが・・・。

キンダーサプライズのトムジェリバージョンも何個か持っていたんですが、
なんだか見当たりません。
一個はネコにおもちゃにされて、
無惨にも壊されてしまいました。
ああ、かわいそうなトム・・・。

トムとジェリーのアニメは大人になった今も大好きです。
あの発想力の豊かさとリズムの良さに、
いまだに関心してしまいます。
かなり影響を受けたアニメの一つじゃないでしょうか。
穴あきチーズが食べたい・・・。
[PR]
by marori_75 | 2006-06-29 12:23 | おもちゃ
就職活動その2
次に、町の小さな雑貨屋さんの面接を受けました。
その店は、駅から続く商店街にある、女子中生や女子高生が好きそうなお店です。
ちょっと安めの流行りのかわいい服やバッグ、かわいい文房具、ファンシーグッズなんかが置いてあります。
確かにちょっとしたスーパーやらデパートであれば、ファンシーグッズが置いてある店って結構あるんですが、わたし的にはそのお店のラインナップがなんかグッときたんですね。
幼いだけではないものを感じました。
確かに、わたしにはちょっと子供っぽいような気もするんですが、
元来かわいいものに目がないわたしは、
初めてこの町に越してきた時から何回か行った店でした。
だんないわく、「もっと大人の店の方がいいよ」だそうですが・・・。

そのお店でスタッフを募集していたので、


「雑貨屋で働いてみたい」


という長年の夢がわたしの頭を駆け巡りました。

一応、パート希望で面接を受けました。
「週何日か働きたいんです」
という、サービス業にあるまじき主張をしてきました。
オーナーの方はすごく感じのいい、笑顔のすてきな人でした。
話しやすいし。
そうそう、サービス業はこうじゃなきゃ!

でも、やっぱり結婚もしているし、独身のように自分の夢だけ追っていける年齢でもなくなってきてしまっていることもあるし、ちょっと厳しいかもしれません。

毎日遅くまで仕事して、土日も働いて・・・では、ダンナとすれ違いになっちゃうからね。
難しいところです。
まあ、近々結果が出るので、受かったらラッキーぐらいに考えています。
けど、こっちが第一希望です。
いいなあ、雑貨屋・・・。
[PR]
by marori_75 | 2006-06-28 16:52 | 感じたり考えたり近況だったり
就職活動その1
この一週間くらい、就職活動してました。
まあ、結婚しているわけだし、こういう立場は普通「専業主婦」っていう名で呼ばれるんだろうけど、なんだか実家の家族からも「引きこもり」と呼ばれるようになって、確かに自分でもそうかもなあ〜、とか思って来たので、社会復帰を目指したわけです。


まず、某ホームセンターの商品出しのパートの面接を受けに行きました。
朝の9:00〜12:00っていう、ものすごく短い労働時間に惹かれちゃいました。


今までの職歴としては、


1 朝4時集合とか当たり前。帰りは夜中が多い。泊まりあり。
   土日は必ず仕事。月曜中心に休み。忙しい時は2週間ぶっつづけで仕事。
   職人系なので、一日中怒鳴られる。
   セクハラとか日常茶飯事。

2 朝8時半〜夜7時/8時頃まで。
   土曜は交代で休み。日曜定休。
   忙しい月終わりから月初めにかけては、毎日9時10時まで仕事。
   女中心の仕事なので、陰口・派閥あり。

3 結婚してたのでパート。
   国家公務員さまの仕事を手伝って、朝10時〜昼3時まで仕事。
   土日定休。
   時給めっちゃ高い。


という風に、どんどん楽な方に流れていっているなあ・・・と自分でも思います。
確かに、新しい土地に来たばっかりなので情報も集まらないし、知っているホームセンターだったら・・・、とちょっと安心したっていう事もありますが。


そして、面接。
バイトの面接なんて、高校生以来だからめちゃくちゃ前です。
どんなこと聞かれたんだっけ?とかちょっと不安に思いながら受けました。

「アルバイトをする理由はなんですか?」

心の声では、・・・そんなのお金欲しいからじゃん!と思いましたが、
ついついいい子ぶって、「人と接する仕事がしたいからです」とか答えちゃいました。
引きこもりなのに・・・。

「我が社を選んだ理由はなんですか?」

え、そんなん、あんたのところで募集してたからじゃん!
そんで時間帯が丁度合ったからじゃん!
・・・と思いましたが、「なじみが深いホームセンターだからです」と答えました。

その後、「あなたにとって、働くとはどういうことですか?」
という、難しいことを聞かれましたが、なんて答えたか覚えてません。


あれあれ、バイトの面接ってこんなんだったっけ?
これって正社員とか契約社員とか、公務員系の面接っぽくない?
第一、9時から3時間商品並べるだけの仕事希望しているやつに、
「御社を選んだわけは、御社のこれからのビジネス展開に・・・」っていう回答を要求してんの?
そんな展望あるわけないじゃん!
・・・と、かなり動揺。
まあ、そういう回答は期待してないとは思いますが・・・。
要するに、社員募集の面接は何回も受けたことがあるので、そういう時はバッチリ準備して行ったんですが、今回はバイトということで、ノープランで挑んでしまったんですね。


だって、高校生の時やってた某ハンバーガーショップの面接の時は、
募集されてないのに直接店に電話して、「働きたいんですけど」っていったら、
「じゃあ、今ちょっと顔出してみて。書類は今度でいいから。」って言われ、
早速顔を出したら、
「じゃあ、明日から入れる?」って速攻採用されました。
喫茶店も確かそんな感じだったし、某スーパーマーケットも同じく、でした。
まあ、大体は、
「シフトはこれで大丈夫ですか?」とか、
「仕事の内容は大丈夫ですか?」とか、
「服装はこんな感じですが大丈夫ですか?」とか、そんな感じでしたよ。


だから、
「最近のバイトはこうなのか?」・・・とすっかり準備不足のわたしはかなりテンパりました。

そして、
「スポーツは何が好きですか?」
という、スポーツ大嫌いで趣味はおもちゃと雑貨集めと演劇っていう、もろインドア派のわたしに一番答えにくい質問が来た時は、30秒くらい黙り込んじゃいました。
「・・・あの、スポーツは苦手で・・・」と答えたら、
「見る方でもいいですよ」
また、沈黙。
「・・・あの、ワールドカップの時だけサッカーを見ます・・・」
もう、声とかめっちゃ小さい。
「・・・ああ、今タイムリーですからね・・・」
面接官もちょっと苦笑。
終始、「ニコニコ」ではなく、「ニヤニヤ」しながら受けてしまった面接でした。
引きこもりなのに、「人と接する仕事がしたくて」とかいわなきゃよかったー、って後悔しました。
後輩に言ったら、
「ウソはいけません」とたしなめられました。
はい・・・。


とりあえず、このバイトはめでたく受かったので、来週から働くことになりそうです。
でもな〜、サービス業なのに、なんかスタッフに覇気がなかったような気がします。
なんか、サービス業の人ってハキハキしているし、パワーある人多いと思うんですよ。
でもわたしを面接した人は、はっきりいって覇気がない。
そして声が小さい!
面接中も、「え、え?」って聞き返しそうになりました。
これっていいのかな〜。

すっごく不安です。
[PR]
by marori_75 | 2006-06-28 16:30 | 感じたり考えたり近況だったり
原子高志
セツつながりで、すてきなイラストレーターを紹介

***原子高志について***
1965年北海道生まれ。
1986年セツ・モードセミナー卒業。1988年フリーイラストレーターに。
雑誌、書籍、CD カバーアート等作品多数。
現在はクラブイベントでイラストレーションを発表。
2002年より「パレットクラブ」で講師も務める。

d0070205_8524167.jpg


ミッドセンチュリーな家具たちがとってもかっこいいです。
原子さんのイラストって、人物ももちろん魅力的ですが、周りの小物が本当にかっこいい。

d0070205_8581376.jpg


そして、乗り物がとってもすてき!
わたしは昔、Be-1っていう昭和の車に乗っていました。
買ったのは二十歳くらいの時。

d0070205_9331623.jpg


こんな車。もうほんと、一目惚れでした。
雨漏りがしたので(ドアも閉まらなくなった)泣く泣く手放したんですが、本当にかわいい車でした。
ミニ・クーパーとかパオとかてんとう虫とかも好きだし、昔の車がほんと好きなんです。
だから、原子さんのイラストが大好きです。
作品集も、ミッドセンチュリーみたいなので、すごく欲しくなりました。
買ったらまた紹介しますね。
[PR]
by marori_75 | 2006-06-22 22:46 | イラスト
森本美由紀
大好きなイラストレーターです。

d0070205_15515263.gif


***森本美由紀について***
1959年生れ。セツ・モードセミナーを卒業後、フリーのイラストレーターとして活躍。
CDジャケット・ビデオパッケージ等作品多数。
作品集も発売されています。

d0070205_15385245.jpg


森本さんの作品って、60年代のファッション紙のイラストっぽい。
ピチカート・ファイブのジャケットとかも手掛けてるし。
わたしは60-70年のファッションがとても好きです。
機能的とはとても言えないファッションが多いけど、とってもかっこいいんだな〜。
ピチカートの野宮真貴さんなんかおしゃれですよね〜。
カッコイイです。
ファッション界がどんどん60-70年テイストを取り入れたりして(逆行して?)、すんなり入り込めるっていうのもあるんでしょうが、わたしも大阪万博ってカッコイイなあ〜、コンパニオンの衣装とかすっごくオシャレ!とか思ってしまいます。
森本さんのイラストって、本当に、めちゃめちゃオシャレですよね。
さすがセツ・モードセミナー!
モードです。
セツの卒業生の方は、ほんとセンスのいい方が多いです。
うらやましいです。
わたしも通いたかった・・・。
[PR]
by marori_75 | 2006-06-21 15:33 | イラスト
すてきな田園喫茶店
となり町に、すてきな喫茶店を見つけました。

一応街のお店紹介みたいなHPの地図を見ながら行ったんですが、その地図がウソをついていました。
まっすぐの道のように書いてあるので、信じてたらT字路に。
すっかり道がわからなくなったわたしは、ひたすら迷いまくりました。
なんか、気が付いたら森の中に迷い込んでいました。
ぐにゃぐにゃした手つかずの自然の中を走ったあげく、行き止まりは牧場(?)。
車の中が牧場臭くなり、なんか泣きそうになりながら、また森の中を引き返しました。
ちゃんとした道路地図を参考にした方がよさそうです。

苦労して着いてみたら、あらすてき。

d0070205_14384279.jpg


玄関が落ち着いていて、わたしは好きです。
中に入ると、またまたいい感じ。
わたしは入ってすぐの一番大きな部屋の席に座りました。
でも本当は、その奥の窓に面した席に座りたかったなあ。
ウッドデッキも、広いかわいいお庭と周りの自然が一望できて気持よさそうでした。
でも、ひとりじゃちょっとさみしい・・・。
室内は、とっても落ち着いた感じ。
置いてある家具、小物、飾られた花なんかもとてもセンスがよかったです。
キッチングッズと天然石のアクセサリーが販売されていました。

d0070205_1439891.jpg


わたしが食べたのは、カボチャプリン。
カボチャの味が濃厚なおいしいプリンでした。
ケーキの種類も沢山あってどれもおいしそう!
一緒に頼んだグリーンティーもおいしかったです。

ここのお店は、水〜土の11:00〜16:00までしかやっていないみたいです。
わたしは、どうもこういう隠れ家的な喫茶店が好きみたいです。
地元で気に入っていた喫茶店も、運が悪いと休み、みたいな不定休なところが多かったです。
その分、すてきなところばっかりでしたけどね。
でも、友達に教えても、「いつ行ってもやってない」と言われたりしちゃうんですが。
そうそう、グリーンピースのおにぎりと、レアチーズを一切れサービスでいただきました。
とってもおいしかったです。

うちから車で大体20分位かなあ。
今度は誰か連れて行って、ゆっくりしたいなあ。
[PR]
by marori_75 | 2006-06-21 14:57 | カフェとかたべもの
高田理香
わたしの尊敬するイラストレーターです。

***高田理香について***
千葉県生まれ。東京在住。
1986年セツ・モードセミナー卒業後、フリーのイラストレーターとして活躍。
優しい切り絵風の作風で、雑誌の表紙やCDジャケット、装丁など多数。
1999年 オリジナル・ブランドWEEKEND STROLL立ち上げ。

d0070205_17112867.jpg


わたしは1st作品集の「私の好きな季節」を持っています。
初期の頃の作品が多数紹介されてます。
主に人物画が多いかな?
とってもとってもすてきな作品集です。
2nd作品集「陽のあたるところ」も買わなきゃ。

d0070205_179890.jpg


最近では、資生堂のTISSのCMのイラストなんかで目にしたり、ちょっと前はAUの冊子なんかで紹介もされてましたね。
高田理香さんの作品には、洗練されたフレンチテイストが漂っています。だから、初めて目にした時は、多くの人が(多分)そうなように、外国の作家さんの絵だと思いました。
彼女の魅力は日常の生活を主に作品にしているところではないでしょうか。
ふと流されがちな毎日、その中にもすてきなことがあることを、常に気付かせてくれるイラストレーターです。
人物画もかわいいですが、テキスタイルの作品もすごくいいです。
最近は、独自のブランドでオリジナル雑貨を販売しているみたいですね。
クッションカバーとか、ほんとにかわいいです。

d0070205_1717571.jpg


上のはCDジャケットです。
JAZZのコンピCDですが、やっぱりおしゃれな音楽と合うなあ。
おしゃれ。
おしゃれなものと寄り添えるイラストって、やっぱりすごい。
[PR]
by marori_75 | 2006-06-20 17:37 | イラスト
ハンナバーベラシリーズ
お気に入りのおもちゃ紹介。

***ハンナバーベラとは?***

「チキチキマシン猛レース」「トムとジェリー」 ほか有名な数々のアニメを産み出したアメリカのアニメ会社。ウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラが設立。

まずは、「原始家族フリントストーン」 もの。

d0070205_17393164.jpg


「原始家族フリントストーン」とは、原始時代をポップに描いた作品。

d0070205_1731585.jpg


これ、実写版もあるみたいですね、知らなかった。
このおもちゃは、ゼンマイを巻くとトコトコ歩くかわいいやつです。
お父さんみたいなんだけど、キャラの名前がよく分かりません。
知っている方がいらっしゃったら、教えてください。

次は「宇宙家族ジェットソン」もの。

d0070205_1740181.jpg


「宇宙家族ジェットソン」とは、未来社会を舞台にしたホームコメディー。

d0070205_17313986.jpg


原始家族フリントストーンの未来版らしいです。

わたしは昔から、どうも宇宙ものに弱くて、宇宙船もののおもちゃがあると、ついつい買ってしまいます。だからこれは、ハンナバーベラものと知らずに購入しました。

これから欲しいキャラは「クマゴロー」かなあ。
すっごくかわいい。

d0070205_17341780.jpg


あと、「ドラ猫大将」も気になるなあ。
ネコ好きとしては。

ハンナバーベラは、ほんとキャラクターが魅力的ですよね。
動きとかもかわいくて、それでいて発想が今見ると逆に斬新!
ドタバタコメディとしては王道ですよね。
展開も読めちゃうものの、キャラクターの魅力で十分楽しめちゃう。
それと、出てくる乗り物がとってもかわいい!
小さい頃から、「トムとジェリー」が特に大好きでした。
今でもアニメをみるとワクワクしちゃいます。
あんな風に表情豊かなキャラクターって、日本にはなかなかないですよね。

「チキチキマシン猛レース」「トムとジェリー」 のおもちゃは、数が多いのでまた後日紹介します。
[PR]
by marori_75 | 2006-06-17 17:49 | おもちゃ


カテゴリ
全体
オリジナルイラスト
hand made
イラスト
おちびちゃん
アート
おもちゃ
デザイン
ネコ
カフェとかたべもの
演劇や映画や本や
どこかへ行ったりだとか
感じたり考えたり近況だったり
その他
はじめまして
雑貨
パワーストーン
未分類
以前の記事
その他のジャンル
ファン
画像一覧